「アメジスト」と「シトリン」、2つの宝石が、1つの石のなかに存在する宝石「アメトリン」。1970年ごろに流通しはじめたアメトリンは、あまりにも美しいバイカラーによって、瞬く間に人気の宝石となりました。しかし、実は人工処理によって作られた宝石だったと判明。約20年もの間「天然のものはない」といわれ続けてきました。しかし、ビズーで扱うのは天然のアメトリン。その柔らかなグラデーションは唯一無二の美しさです。

宝石の基本情報
・誕生石 / 2月
・石言葉 / 調和、創造性
・屈折率 / 1.544-1.553
・モース硬度 / 7
・化学組成 / SiO2

COMING FROM

世界でたった一か所
ボリビアだけが育んだバイカラー

1989年、地球上でたった一ヶ所、ウユニ塩湖でも有名な「ボリビア・アナイ鉱山」からはナチュラルバイカラーのアメトリンが採れると証明されました。本来、アメジストは玄武岩などから作られます。

しかしアナイ鉱山のアメトリンは、地下の熱水が石灰岩に亀裂をいれ、その熱水と石灰の化学反応によって生まれました。アメジストが作られる過程で、不規則に水分を含んだ部分だけが、自然と黄金色に生成されたことで、アメトリンが誕生したのです。

BUYING STORY

世界の展示会でも出会えない
希少な天然アメトリン

紫から黄金色へと絶妙にグラデーションがかった色が美しい、天然アメトリン。けれど、この宝石は展示会などに赴いても簡単に出会えるものではありません。通常、宝石はカットされたものが市場に出回るもの。けれど、アメトリンに関しては、原石をもつサプライヤーにサイズをオーダーして研磨してもらったものを買付けています。

CAREFUL ABOUT

見る角度を変えるごとに
表情を変える宝石
ある方向から見ると紫が強いのに、角度を変えると黄色が強くなる。天然ゆえの楽しみを秘めたアメトリン。天然らしい柔らかな色合いの中から、しっかりと2色を感じられるルースを選んで買付けています。
石の奥までのぞき込めるほどの
透明感
肉眼でのチェックのみで選別されることが多いカラーストーン。けれど私たちは、10倍ルーペを使い内包物や傷をチェックしています。完璧にクリアなアメトリンは、まるで水分を含むかのように輝きます。