南国の海のような青をもつ「アパタイト」。宝石と呼べるほどの品質を持つアパタイトはあまり無く、特に1カラット以上のものは稀で、平均サイズは0.5カラットと言われています。硬度が低くカットも難しいため、美しい宝石ながら流通量が少ない宝石でもあります。

宝石の基本情報
・誕生石 / ー
・石言葉 / 絆を強める、繋げる
・屈折率 / 1.632-1.646
・モース硬度 / 5
・化学組成 / Ca5(PO4)3(F,Cl,OH)

COMING FROM

ブラジルの大地に
ジェムクオリティの1石を求めて

南米やアフリカ大陸など、広く採掘されるアパタイト。けれど、ジェムクオリティのものとなるとなかなか出会うことはありません。ビズーで取り扱うアパタイトの主な産地は、高品質な宝石を多く採掘しているブラジル。

色鮮やかなアパタイトは、まるでブラジルの海をすくい取ったような色。硬度が低い宝石ながら、熟練の技をもつ研磨職人に美しくカットされ、よりその輝きを増しています。

BUYING STORY

厳しいチェックを通った
ネオン感溢れる輝き

薄いものから濃いものまで色に幅があるアパタイト。特に「ネオンブルーアパタイト」と言われるものは、石の選別が難しい宝石です。通常、石の買付は、石本来の色を見るため明るい室内で行われるもの。けれどこのアパタイトに限っては、まず明るい室内で「色」を選別、次に暗室で「照り」と「輝き」を判定。最後に内包など限りなく少ないものをルーペで検品と、通常より厳しいチェックを行っています。

CAREFUL ABOUT

滅多に出会えない
雑味の無い透明感
硬度が低く、結晶の成長過程で砂などの異物が混入したり、運搬中も管理方法が悪いと傷がついてしまうアパタイト。そのため、宝石の中にクラック(ヒビ)やインクルージョン(内包物)が無いもを厳選。透明感が高いルースだけを買付けています。
アパタイトの中でも
特に美しい2つの色
私たちが選ぶのは「ネオンブルー」と言われる濃く鮮やかなものと、グリーン味のあるブルーの2色のアパタイト。ネオンブルーはまさに暗がりでも感じる輝きが美しく、グリーンブルーはまさに海のしずくのような透明感ある輝きが魅力です。