ガーネットと言えば、市場に出回っているもののほとんどが赤褐色の宝石。けして珍しい宝石ではありませんが、宝石の王様・アレキサンドライトを凌ぐほど希少なガーネットが存在します。それが「カラーチェンジガーネット」。一つの石の中に複数のガーネットの性質をもつマラヤガーネットの一種で、パイロープガーネットとスペサルティンガーネットの混合種です。光源を変えると色を変える宝石で、高品質なものは劇的なほどの変化を見せます。

宝石の基本情報
・誕生石 /1月
・石言葉 /真実、友愛
・屈折率 /1.74-1.78
・モース硬度 /7-7.5
・化学組成 /Mg3Al2(SiO4)3、Mn(II)3Al2(SiO4)3

COMING FROM

鉱山主の執念とロマンが結んだ
新しいガーネットとの出会い

ビズーで取り扱うカラーチェンジガーネット(チェンジカラーガーネット)は、マダガスカルで最近発見された新しい鉱山のもの。幻とも言われた青いガーネット・べキリーブルーが採掘される隣の山で偶然にも発見されました。1990年に発見されたばかりのべキリーブルーが瞬く間に枯渇しそうな状況を見て、隣の山まで採掘範囲を広げたところ、新しい色のガーネットが発見されたというのです。鉱山主たちの執念とロマンが結んだ、新しい宝石との出会いです。

BUYING STORY

針状の内包物が見せる
唯一無二の表情

カラーチェンジガーネットの特徴として、針状の内包物が含まれることがあります。サファイアにも同様のものが見られるのですが、一般的に加熱処理をする宝石のため、その時に消えてしまいます。ところがガーネットは加熱処理を施さないため、この地球のいたずらともいえる内包物が天然ならではの表情を見せてくれるのです。まだ掘り出されたばかりの新しい宝石だからこそ、数百もあろうかというロットから、贅沢に厳選。もちろんペンライトを当てながら、カラーチェンジも1ピースずつチェックしました。オリーブブラウンから真紅へ、そしてそこに味わいを加える内包物の個性・・・唯一無二の輝きです。

CAREFUL ABOUT

オリーブブラウンから真紅へ
劇的なカラーチェンジ
自然光ではブラウンめいたオリーブカラー、白熱灯などの下では鮮やかな真紅。この宝石の醍醐味ともいえる劇的なカラーチェンジにこだわって厳選しました。地色が深く濃いほどカラーチェンジは鮮やかになるため、暗すぎない程度の濃さを選び、ライトを当て1ピースずつ買付けています。
輝きと個性
その両方を妥協なく厳選
このカラーチェンジガーネットの魅力の1つである針状の内包物。自然の神秘を感じる唯一無二の個性ですが、入りすぎると石そのものの透明感や輝きを損なってしまいます。私たちが厳選したのは、その両方を楽しめるルース。わずかに内包物を含みながら、透明感も感じていただけるはずです。