エメラルドは、宝石の歴史の中でも古くから愛されたものの1種です。現在見つかっている最古のエメラルドは、なんと29.7億年前。紀元前330年から古くは紀元前1700年代にはエジプトでも採掘され、クレオパトラが愛し、装飾品として使われていたことでも知られています。

宝石の基本情報
・誕生石 / 5月
・石言葉 / 幸福、誠実
・屈折率 / 1.569-1.582
・モース硬度 / 7.5-8
・化学組成 / Be3Al2Si6O18

COMING FROM

青く深い色彩を生む
未だ発展途上の地・ザンビア

エメラルドの最大の産地は、コロンビア。けれど、ビズーではザンビア産を主に取り扱っています。理由は、黄が強いコロンビア産に対して、ザンビア産の青みを帯びたグリーンに惚れ込んだから。

しかし、ザンビアは宝石の産地として未だ開発が進んでおらず、昔ながらの手作業で採掘が行われているため、あまり市場には出回らない希少な宝石なのです。

BUYING STORY

宝石の奥から光が溢れる
そんな一石を求めて

海外の宝石展に足を運ぶと、エメラルドのサプライヤーは数多く出展しています。けれど、ザンビア産のエメラルドに限定すると、その数は決して多くはありません。ブースをひとつひとつ巡り、1ロット数百ピースはあるところから、1ピースずつ品質をチェックしていきます。すると買える数は、わずか1割程度。それでも石の奥から光が溢れるようなエメラルドを求めて、買付けを行っています。

CAREFUL ABOUT

色とカット
美しさに不可欠なふたつの要素
エメラルドの中でも青みが美しいザンビア産。しかし、その中にも濃すぎたり淡すぎたり、と色幅があります。またカットの精度によっても色の乗りが大きく左右するエメラルド。正面から見て、カラーバランスが美しい一石にこだわっています。
内包物はエメラルドの個性
探すのは、それさえも美しい1石
エメラルドは多様な内包物を有しており、光にかざすと草木が茂っているように見えることから、古くからヨーロッパでは「天国の庭が見える石」と呼ばれていました。完全なるクリアな石は万に一つの確率でしか存在しません。その中でも、美しさを妨げない程度の内包を有するものを厳選。庭園をのぞき込むような美しさを感じて下さい。