ダイヤモンドの中でもカラーを持つものは一握り。さらに何も処理を施さず、ありのままで美しい色を持つ天然のピンクダイヤモンドは本当に僅かで、その確率は天然ダイヤモンドが100万ピース発見された中に、ピンクダイヤはわずか1ピースだけといわれることもあるほど。永遠の輝きと謳われるダイヤモンドの中でも、さらにスペシャルな一品です。

宝石の基本情報
・誕生石 / 4月
・石言葉 / 完全無欠の愛、完結された愛、美貌、煌めき
・屈折率 / 2.417
・モース硬度 / 10
・化学組成 / c

COMING FROM

きっと二度と出会えない
奇跡のピンクダイヤモンド

天然のピンクダイヤモンドはオーストラリアのアーガイル鉱山でしか採掘されていません。その鉱山も枯渇し、2020年11月に閉山しました。アーガイル鉱山は世界のダイヤモンドの11%を供給し、ピンクダイヤモンドはなんと95%以上の供給量でした。 石を覗きこめば、ピンクの中に感じるパープルやブルー、レッドの光の粒。そうした色が混ざり合って生まれるクリアなピンクカラーは、滅多に出会えるものではなく、アーガイル鉱山だからこそなのです。

BUYING STORY

何十年も秘蔵されていた
天然無処理のピンクダイヤモンド

このピンクダイヤを手に入れたのは、世界最大規模のジュエリーショーでも、世界的に有名なサプライヤーでもありません。日本のサプライヤーが、アーガイル産の良質なルースを、何十年も前から集めて、誰にも渡さずに秘蔵していたものを、特別に譲ってもらいました。 「天然無処理のピンクダイヤモンド」。何百粒も入った包みをいくつも開け、圧倒的に褐色が多い中、ピンクカラーだけをピックアップしました。いくつもの包みを開けても、見つかったのはほんの数ピース。さらにそこから納得のクオリティのいくものだけに絞り買付けています。

CAREFUL ABOUT

数ピース限りのピンクカラー
厳選された極上の一粒
通常カラーダイヤモンドといえば、ブラウンなどの褐色系のものがほとんど。その中からほんの数ピース限りのピンクカラーを選びました。さらにその中から、白い紙の上だけではなく、ホワイトゴールドやピンクゴールドの地金の上で、はっきりと色がのる品質のみを厳選しお届けします。
ありのままの美しい輝き
自然が生み出した天然のピンク色
通常ピンクダイヤモンドは放射線を照射して、人口的に着色したものがほとんど。でも私たちは、天然の、自然がつくったありのままの美しさを探していました。無色透明のダイヤモンドよりもはるかに稀少な、天然ピンクダイヤモンド。その中でも、はっきりと色ののったものは、ごく僅か。そんな特別な石を、一粒一粒、時間をかけて厳選しました。