11月誕生石 トパーズにまつわる6つの逸話

1. 謎に包まれた由来

「トパーズ」の名は、サンスクリット語で”炎”を意味するtapasや、ギリシャ語で”探求する”を指すtopazosが語源とされているが、諸説あり真実は分かっていない。和名は「黄玉」である。

2. 最高峰の「皇帝」

トパーズの中で最高峰とされ、ビズーで主に取り扱う「インペリアルトパーズ」。当時勢力を誇ったロシア皇帝を称えて、または、ブラジルのドン・ペドロ皇帝に敬意を表して「インペリアル(皇帝)」と名付けられたという説があるほど、価値を認められた宝石であった。

2. 最高峰の「皇帝」

トパーズの中で最高峰とされ、ビズーで主に取り扱う「インペリアルトパーズ」。当時勢力を誇ったロシア皇帝を称えて、または、ブラジルのドン・ペドロ皇帝に敬意を表して「インペリアル(皇帝)」と名付けられたという説があるほど、価値を認められた宝石であった。

3.  夜に光る、トパーズ?

紀元前の頃、採掘地の島は日中霧に包まれていた。そのため、暗闇でキラキラと光を放つと言われていたトパーズは、夜になると容易に見つけることができたらしい。しかしこの石は、後にペリドットであったことが判明。当時の人は、ペリドットをトパーズ呼んでいたのだとか。

3. 夜に光る、トパーズ?

紀元前の頃、採掘地の島は日中霧に包まれていた。そのため、暗闇でキラキラと光を放つと言われていたトパーズは、夜になると容易に見つけることができたらしい。しかしこの石は、後にペリドットであったことが判明。当時の人は、ペリドットをトパーズ呼んでいたのだとか。

4. 秘めたる太陽神の力

古代エジプトでは、太陽神「ラー」のシンボルであるとされ、高貴な石として扱われた。当時の人々は、邪気や災害などから身を守るためのお守りとしてトパーズを愛用したらしい。

4. 秘めたる太陽神の力

古代エジプトでは、太陽神「ラー」のシンボルであるとされ、高貴な石として扱われた。当時の人々は、邪気や災害などから身を守るためのお守りとしてトパーズを愛用したらしい。

5. 11月の誕生石

11月生まれの人の星座は「さそり座」と「いて座」。トパーズの石言葉は色によって異なるが、基本的には「希望・友情・誠実」などである。

5. 11月の誕生石

11月生まれの人の星座は「さそり座」と「いて座」。トパーズの石言葉は色によって異なるが、基本的には「希望・友情・誠実」などである。

6. 日本でも採れる!?

日本国内でも明治時代、主に岐阜県や滋賀県で採掘されたという記録が残っており、今でもわずかだが産出される。また、ニューヨークにある博物館には日本で採れたブルートパーズが所蔵されているそう。

6. 日本でも採れる!?

日本国内でも明治時代、主に岐阜県や滋賀県で採掘されたという記録が残っており、今でもわずかだが産出される。また、ニューヨークにある博物館には日本で採れたブルートパーズが所蔵されているそう。