6月誕生石 アレキサンドライトにまつわる6つの逸話

1. クリソベリルの変わり種

鉱物名はクリソベリルで、中でもカラーチェンジ効果を持つ変種が「アレキサンドライト」。モース硬度は8.5、靭性が非常に高くカケや傷に強い。

2. 皇帝の誕生日に発見された宝石

アレキサンドライトは1830年にロシアで発見された。その日は、ロシアの当時の皇太子で後の皇帝アレクサンドル2世の誕生日だったために、その名が付けられた。

2. 皇帝の誕生日に発見された宝石

アレキサンドライトは1830年にロシアで発見された。その日は、ロシアの当時の皇太子で後の皇帝アレクサンドル2世の誕生日だったために、その名が付けられた。

3.「昼のエメラルド 夜のルビー」

太陽光の下では青緑、ロウソクや白熱灯の光の下では赤紫に見えるカラーチェンジは、「昼のエメラルド 夜のルビー」と称される。変色効果がはっきりとしているほど、質が高いとされている。

3.「昼のエメラルド 夜のルビー」

太陽光の下では青緑、ロウソクや白熱灯の光の下では赤紫に見えるカラーチェンジは、「昼のエメラルド 夜のルビー」と称される。変色効果がはっきりとしているほど、質が高いとされている。

4. ロシアで最も愛されてきた宝石

アレキサンドライトの発見当時、ロシア陸軍の軍服は緑のジャケットと赤のパンツ。そのため、特別に価値があるものとされ、お守りとしても重宝された。

4. ロシアで最も愛されてきた宝石

アレキサンドライトの発見当時、ロシア陸軍の軍服は緑のジャケットと赤のパンツ。そのため、特別に価値があるものとされ、お守りとしても重宝された。

5. 6月の誕生石

6月生まれの人の星座は「ふたご座」と「かに座」。アレキサンドライトの石言葉は、「高貴、情熱」。

5. 6月の誕生石

6月生まれの人の星座は「ふたご座」と「かに座」。アレキサンドライトの石言葉は、「高貴、情熱」。

6. もう一つの「宝石の王様」

不動の王ダイヤモンドに並び、実はアレキサンドライトも「宝石の王様」と呼ばれている。また、パライバトルマリン、パパラチアサファイアに並ぶ「世界三大希少石」の一つである。

6. もう一つの「宝石の王様」!?

不動の王ダイヤモンドに並び、実はアレキサンドライトも「宝石の王様」と呼ばれている。また、パライバトルマリン、パパラチアサファイアに並ぶ「世界三大希少石」の一つである。