宝石の花束ができるまで

宝石で花束をつくろう―。
そう思い立ってから、1年半。

こんなにも美しく、
こんなにも楽しく、
こんなにも身につける喜びを
感じる指輪があっただろうか。

「宝石のブーケ」が生まれるまでの物語です。

Secret About Bouquet

ブーケの秘密

Design

宝石を「束ねる」

花束のように、眺めると思わず笑顔がこぼれる、そんな指輪をめざして。前代未聞のデザインづくりが始まりました。「カラフルで、いろいろなサイズの宝石がぎゅっと集まっている」今までにないパヴェリング。型をつくるだけにも、1年もの時間を費やしました。

Buying

1本の指輪に32石

これほどたくさんの石を留めるブーケは、たった0.1mm石のサイズが変わるとセッティングできません。ブーケに使うカラーストーンはそれそれ硬度が異なり、研磨の際の僅かな力加減で簡単に大きさが変わってしまう。さらに色・品質にこだわると使える石はほんの一握り。加えて、主な宝石の産地であるタイやインドの職人不足・材料不足により、原価は高騰。今後、情勢はますます厳しくなるけれど、絶対に品質に妥協はしたくない。そんな思いで私たちは、一粒一粒、自分達の目で見て買い付けを行なっています。

長年培われたサプライヤーとの繋がりが「ブーケ」リングを実現させています。私たちが絶大な信頼を置くサプライヤー。自分達で研磨工場を抱え、宝石・色・0.1mmのサイズごとに細かく分けて管理。色の僅かな濃淡で分けられたロットの数に、私たちも大変驚かされました。色がぶれることの無いよう、最上級の色からさらに選り分け、何重ものチェックを重ねています。

Craftmanship

「0.1ミリ」を留め分ける、
極細密の手仕事

数ある工程の中で、もっとも経験を必要とする「石留め」。それが出来るのは、宝石それぞれの硬度や性質を熟知した、この道30年のたった1人の職人です。1本の指輪という極小のスペースに、カットや高さの0.1ミリ単位の違いに合わせ、熟練の指先だけが知る絶妙な力加減で留めていきます。寸分のずれも許されない型取り。1300度を超える炉をつかった金加工。いくつものヤスリで磨きをかけ、宝石の特性を熟知した職人が留める・・。完成するまでの何十にも及ぶ工程に、職人の技と経験がこめられています。

Jewels

高さも、サイズも、硬度も違う
32個の宝石

「石畳」という意味をもつパヴェリング。宝石をすき間なく敷きつめ、表面の高さをフラットに揃えるのが美しさの基本です。硬度が高いダイヤモンドでカットを揃え、同じサイズのものを使うのが一般的。それに対して「ブーケパヴェ」には、高さ・サイズ・硬度が異なる宝石を、32石すき間なくセッティング。ベテラン職人をも唸らせるほどの高度なテクニックが求められます。硬度10のダイヤモンドから、硬度3.5の真珠まで。しかも、サイズまで異なる宝石を美しく留める、熟練の至芸。心躍るような輝きの秘密は、ここにあるのです。

Line Up

ラインアップ

春、夏、秋、冬。季節の花々を束ねるようにつくられた「ブーケ」。大切な瞬間の色や香り、太陽のきらめきまで記憶にとどめるように、大切にデザインした宝石の花束たちです。

※画像をタップすると各シリーズのページへ遷移します。

たくさんのカラーをご用意しているブーケシリーズですが、選ぶのに迷ったら・・・簡単な質問に答えて、あなたにおすすめのカラーの診断もご用意しております。ぜひ楽しみながら参考にしてみてくださいね♪

ブーケ

Series

シリーズはこちら